GoogleMapsAPIのプレミアムプラン

GoogleMapsAPIとは自社のサイトにGoogleMapを表示させる機能です。
企業が一定の条件に該当している場合は契約料を支払うよう要求されます。
それがプレミアムプランです。

GoogleMapsAPIは高度な機能を有しており、これまでのGoogleの投資を考えれば、有償契約をすることは当然と言えます。
多くの企業はその機能を活用するためにプレミアムプランを契約しているのです。
自社のサイトに地図が必要ではない場合もあるかもしれませんが、アクセスする人へのアピールの意味でもGoogleMapsAPIの契約となっていることでしょう。

インターネットの広がりによって、GoogleMapsAPIの利用も拡大していくことが予想されますから、プレミアムプランは企業として、利用者への情報提供の意味も含まれているでしょう。
企業への道順を示すデータとしてGoogleMapsAPIを利用すれば、ホームページを見る人にとっても大きなメリットがあります。
将来のデータ処理もGoogleが行いますから、企業はプレミアムプラン契約料だけを払えばいいのです。
機能アップによって、これからもさまざまな拡張が続けられていきます。
それはGoogleへの信頼となっていくことでしょう。

時代の流れとともに利用できる技術は高度化していきます。
それは一つの企業が実現しているわけではなく、いろいろな企業の技術を活用してできあがっていることを再認識すべきでしょう。

GoogleMapsAPIのプレミアムプラン

GoogleMapsAPIは無料で使える便利な地図サービスですが、誰でも使えるわけではありません。
多くの方は無料で使えるのですが、一定の条件を満たした方はGoogleMapsAPIのプレミアムプランを利用することが必要です。
プレミアムプランはグーグルと直接取り引きをするわけではなく、多くは代理店と契約して利用することになるプランです。

GoogleMapsAPIでプレミアムプランが必要になるケースは大きく分けて2つあります。
1つは有料サービスや限定した方しか使えないホームページやサービスでGoogleMapsAPIを使うことです。
無料で使うためには誰でも自由にいつでも見られることが条件です。
そのため、有料会員サービスでの利用はできませんし、販売するようなツールでの利用もできなくなっています。
ただし、会員制でも誰でも無料で入れるなら問題にならないことが多いです。
また、無料であっても社内で使うツールでは利用できません。
社内ツールでも公開されている場合は問題ありませんが、条件をしっかりチェックしておくことが必要です。

2つめはアクセス回数です。
グーグルの地図サービスはAPIと呼ばれるプログラム方式で呼び出すことになりますが、1日での呼び出し回数が制限されています。
また、制限を超えた日数が連続90日を越える場合もプレミアムプランを購入しなくてはなりません。
ただし、モバイルでの利用は若干条件が緩和されます。