GoogleMapsAPIプレミアムを利用しよう

GoogleMapsAPIというものを知っていますか。
GoogleMapsAPIとは、ホームページ上でGooleMapを表示させるときに使われるものです。
完全に公開されているサイト、ユーザーが誰でも自由に閲覧できるサイトで利用する際は無料で使用できるため、様々なところで利用されています。

今回このGoogleMapsAPIにプレミアムバージョンが登場しました。
プレミアムバージョンは一般向けのものではなく、有料サイトや有料モバイルサイト、社内サイトでGoogleMapを利用したいと思っている企業向けに登場しました。
前述したように、通常のものだと誰でも使えるようになっているサイト上でしかGoogleMapを使えませんでしたが、プレミアムならばユーザーに制限がかかっていても利用できます。

GoogleMapsAPIプレミアムのメリットはその他にもあります。
例えば、英語対応ではありますが、24時間テクニカルサポートを行っています。
主に企業が利用しているため、問題が起こってしまうと利益に響くため、いつでもサポートしてくれるというのはとても便利です。

さらに、広告を制御できるというメリットがあります。
通常のものだと広告を消すことが出来ませんでしたが、プレミアムなら広告を削除することも可能となっています。
広告を出すと、ページが重くなる原因にもなりますから、消せるというのは非常に大きなメリットだといえます。

GoogleMapsAPIの使い方

GoogleMapsAPIは、GoogleMapを使用して、様々なことを行うことができます。
自分の会社の位置をWeb上に公開する場合も無料で行うことができます。
自分のHPを作成するときに大抵の場合はアクセスというのもつけると思われますので、そのときにはとても便利なツールとなります。
さて、APIの名前を聞いただけではなかなか難しいですが、このGoogleMapsAPIを使うライブラリが存在します。
それがgmaps.jsになります。

このgmaps.jsのメリットは下記のようになっています。
まず、単純にGoogleMapsAPIを使用するよりコードがシンプルになります。
例えば自分の位置を示すのには単純に緯度と経度を設定するだけになりますので、コードを書いたことがないような人でも対応可能かと思われます。
次に様々な高度な機能が簡単に実装できることもメリットとなります。
地図上に線を書いたり、指定座標の画像を取得したり、住所から緯度・経度に勝手に変換してくれる機能など様々な機能が盛り込まれております。

このへんのレベルになりますと、コードを書いたことがない人がそのまま使うのは難しいかもしれませんが、少しでも経験があれば、ソースをコピーして簡単に編集する程度で対応することが可能かと思われます。
さらに、これは常に最新のAPIに対応していますので、APIの仕様が変わってもWeb側の実装を修正する必要がないのもメリットといえるでしょう。

GoogleMapsAPIプレミアムは好評です

GoogleMapsAPIは非常に高度な機能を持っており、評価が高いことは言うまでもありません。
GoogleMapが多くのサイトで利用されているだけに、大きな存在感を発揮しています。
プレミアムプランの場合、一定の条件に該当している企業は契約料を支払うことが義務付けられています。
確かに、Google社が営々と行ってきた投資を考慮すると、同社が提供しているサービスについては、費用を支払うことは理にかなったことなのです。
また、プレミアムプランがもたらしている成果を考えると、十分、コストに見合っているものがあると言えます。
多くの企業が利用している現実は、その事情を雄弁に物語っています。

中には、自社WEBに地図表示が必要ではないケースであっても、アクセスしてきた人へのアピールの観点で、契約している事例もあるほどです。
なお、今後は、インターネットのますますの拡大普及によって、GoogleMapsAPIの利用が一層広まっていくことが予測されています。
企業の存在をより明確にアピールする上でも、企業はプレミアムプランを契約して、利用者への情報提供を積極的に行うことが望まれます。
Google社が将来のデータ処理をも引き受けてくれますので、企業はプレミアムプランの契約料を負担することで、利益を受けることができます。

Google社は今後も機能向上に努め、各方面での拡張が続けられていくものと見られています。
時代が進むにつれて、GoogleMapsAPIの技術もさらに高度なものとなっていきます。