Skip to content

Google Mapは有料化したのか

GoogleがGoogleMapsAPIをアップデートし、名称をGoogleMapsPlatformに変更しました。

GoogleMapは旅の道先を調べたりかかりそうな時間を調べることもできるサービスです。こんなグーグルマップが変更されると、どのようになるのでしょうか。まず以前まで18もの数に分かれていたAPIが3つに統合されます。これにより単純化し、使いやすくなりました。

また既存のコードは変更せずともそのままで動きます。次に前までは一定のアクセス数までは無料で使用できるスタンダードプランと従量制になるプレミアムプランがありましたが、アップデート後は全て従量制のプランになります。そのため解約料などの料金も不要になりました。

また1アクセスでも有料だから料金がかかるということはなく、次200ドルまでは無料で使用することができます。なので使用するほとんどの人が有料化はせず無料で使うことができます。

また特定の業界向けのMapsソリューションも既存のものが継続され、今後新たなのをローンチしていきます。データを利用した現実の世界を舞台としたゲームを作るためのプログラムなども立ち上げられました。以前は不要だったAPIキーも必須になりました。

APIキーを使わずに地図を埋め込んだ場合は、エラーや地図が低画質になったりするので、快適に使うためにもAPIキーは必須になります。GoogleMapは完全に有料になったわけではなく、無料で使用できる範囲があり、APIが3つに統合されるなどユーザーにとっても良いアップデートがされたのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です