Skip to content

Google Mapの有料化とAPIキーの必須化

これまで無料提供だったGoogleMapがマップのWebサイト表示が仕様変更によって有料化されました。

変更に伴い、APIキーが必須化され、対応しない場合は表示されなくなるということだったのです。会社のホームページなどでこの地図を無料で使用していた場合、有料になるということで慌ててしまったという人もいたようです。

しかし、この有料化は全てのGoogleMapが対象担って実施されるということではなかったため、安心したという人もいました。地図使用の有料化の対象かどうかについてはサイトの地図がどの方式で埋め込みされているのかによるということだったため、必ずしもAPIキーの取得は必要ないといわれていたのです。

そして、どの方式で埋め込みが行われているのかということはツールで調べることができるということでした。このツールはグーグルが提供しているもので、すぐに埋め込みの方式を調べることができるのです。

基本的にはGoogleの通常の地図から埋め込んで作成したものは課金対象外となりました。そして、GoogleのStaticMapsAPIやMapsJavaScriptAPI、MapsEmbedAPI等を用いて作成したものはAPIキーが必須とされ、料金プランを確認する必要があるものということでした。

そのため、一律に有料化されるというわけではなくて、対象の方式に該当していればプランが変更されるということだったのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です