Skip to content

GoogleMapが有料になるケース

GoogleMapはグーグルが提供している地図サービスです。

このサービスは一般的には無料というイメージがありますが、いくつかの条件を満たすと有料になります。この条件とは、GoogleMapをウェブページに埋め込んで使用し、かつ大量のアクセスがあった場合です。

また以前は自由にウェブページに埋め込み表示させることが可能でしたが、現在ではGoogleMapでは、APIキーが必要になります。APIキーとは、グーグルに登録して発行してもらうシリアル番号のようなものでウェブページに地図を埋め込んでいることをグーグル側に通知します。

一方で有料となるのは、あくまでもアクセス数が一定数をこえた場合です。少ない場合には無料で利用できますが、条件を越えてしまうと有料になります。APIキーのない時代においては表示されないといったものでしたが、現在はAPIキーを得るためにグーグルに登録しなければならず、その時に支払いが求められます。

ただ支払い設定をしても毎月200ドルまでは無料利用することができ、現実的にほとんどのウェブサイトはこの200ドル以上の使用料は発生しないとされています。支払い発生条件は月間28、000マップロード以上であり、さらに毎月200ドル分が無料で利用されます。

GoogleMapの料金はそれぞれロードされたGoogleMapによって異っており、マップロード数に応じて料金が請求される仕組みとなっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です