Skip to content

APIsを使ってGoogleのMapsを変更

普段何気なくブログやホームページに設置をしているGoogleの地図を自由にカスタマイズできることはご存知でしょうか。

HTML、javaScriptそれからCSSを用いることで、特定のポイントにマーキングを施したり、地図の大きさを自由に変更したり、そういった変更が可能です。この変更を行うためには、APIsと呼ばれる仕組みを利用する必要があります。

無料で使用できる仕組みですが、事前に必ずキー制限が必要となりますので、必ず実行しておきましょう。それから、特定のクラスやメソッドをプログラムの中に組み込むことになりますが、Mapsをカスタマイズするためには、多少の技術が必要になることを忘れてはいけません。

なお、そこまで難しいものではないので安心してください。HTMLやjavaScriptなどはプログラミング言語の中でも比較的わかりやすい言語であるため、2ヶ月程度学習期間があれば誰でもそれなりの知識を身につけられます。

文法および組み方を学んでしまえば、APIsをフル活用でき、自分が思ったままにMapsをカスタマイズできるようになります。Googleが提供するMapsはとても見やすいものですが、それを更に見やすいものへ、そして使いやすい魅力的な地図に変更可能です。

APIsを利用するためには、事前の設定等が必要になりますが、そこさえ完了できれば、Googleの地図を思うがままにカスタマイズできます。

Google Maps APIsならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です