Googleが使えればMapsやAPIsも使えます

Googleというと検索サイトというイメージが強いですが、私たちの生活をより便利にするために日々努力をしています。

海外に行った時に便利なのが翻訳機能です。海外のサイトなどを見るときに、英語を理解できる人ならば問題ないですが、誰もが英語を理解できるという訳ではありません。

そこで役に立つのがブラウザ上にある翻訳設定機能です。この機能を使えばあっという間に英語の文章を日本語に翻訳してくれます。また、音声認識システムを使えば英語が分からなくても会話を成立させるとが可能になります。他にもMapsやAPIsという機能があることはご存知でしょうか。

MapsやAPIsもGoogleが提供しているものなので、Googleが使える状態であればMapsやAPIsも使用することが出来ます。位置情報をGoogleに教えることで、目的地までスムーズに案内をしてくれたり最寄にある人気のお店を紹介してもらうことができます。

Googleは口コミを集めていて、施設や飲食店などの利用者の意見を見ることが出来ます。利用者の口コミを確認しておくことで、はじめていくところが想像よりも下回るということがないように事前に情報を仕入れることが可能になります。

情報化社会になった今、世の中にはたくさんの情報が溢れていますが、それを整理整頓して本当に必要なものだけを持ち帰るようにしないといけないです。世の中に出ている情報がすべて正しいわけではないことを理解しましょう。

Google Maps APIsについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です