Skip to content

GoogleMapsAPIsを使いこなして便利に

グーグルのサービスはとても充実していて、多くの方に利用されています。

検索をするときにもグーグルの検索エンジンを利用し手いる方は多いのですが、それ以外でも特にビジネスシーンにおいても、メールやスケジュール管理をしている方は多いです。

メールは他社の物も一括で管理することが出来たり、グループ分けなどもきちんとできるので使いやすいです。スケジュールもパソコンと携帯とで連動させて行っていく事が出来ますので、何処からでもチェックできたり、共有することも出来たりと便利です。

そんなグーグルのサービスとして、GoogleMapsAPIsも需要が高いです。GoogleMapsといえば、ストリートビューをお思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。地図上に自分が経ち降りたかのような画像を見ることが出来て、色リオな使い方が出来ます。

GoogleMapsAPIsは、住所だけの掲載よりも地図をのせる方が分かりやすくなりますので、飲食店であったり各ショップなどが自分のお店の場所を掲載する時に使っていたりします。

もちろん自分のブログでここに行ったと言った報告をしたい時にも、分かりやすく掲載するために使っていけます。GoogleMapsAPIsの使い方はとても簡単ですが、まずはグーグルのアカウントが無いと使えないのでアカウント取得をしましょう。

その上で、APIキーを取得して掲載したい所に張り付ければ地図が表示されるようになります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です