MapsのAPIsを使ってGoogleの地図を変更

ブログやホームページ内にて店舗や事務所の位置を知らせるために、地図を用いいることは多々あります。

地図はインターネット上で無料配布されているため、すぐに調達できる特徴があるのですが、その中でも特に人気なのはGoogleが提供するMapsです。その理由は地図の見やすさはもちろんのこと、カスタマイズ性も優れているからです。

たとえば特定の場所の座標を取得して画像を表示させたり、海里を測定したり、カスタマイズの仕方によって、様々な情報を閲覧者に与えることができるのです。

このカスタマイズを行うためにはAPIsと呼ばれる仕組みを利用することとなり、特定のキーワードをプログラムの中に組み込んでいきます。プログラムと聞くと難しいイメージがありますが、実際はそこまで難しいものではありません。

たしかにAPIsの学習は必要であることに間違いないのですが、それは1ヶ月程度の学習で問題ありません。1ヶ月APIsの学習ができれば、GoogleのMaps上に様々なカスタマイズができるようになります。しかも、このカスタマイズを行うための費用は発生しません。

ただ、事前にGoogleのアカウントの作成が必要となり、設定変更も必要になりますので事前に済ませておくと良いでしょう。GoogleのMapsは日々変化していて、これからもできることはかなり増えていくことでしょう。

それに対応するためにはまず、知識を蓄えてくことが必須です。

Google Maps APIsについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です