Skip to content

Google Maps APIsを利用する

最近は多くの会社が自社サイトを運営して会社概要や営業品目、そして交通アクセスなどをインターネット上に公開しています。

そしてキーワード検索して目的とする会社のサイトにアクセスして内容確認される方が多く見えます。仕事の取引きや打合せなどで会社に出向いて対応するケースも有りますが、交通アクセス方法を地図上に示していますと最寄りの鉄道駅や目印などを確認出来て便利です。

地図検索サービスとして多く利用されているのがGoogleマップですが、WEB上に地図を表示させる際にGoogleMapsAPIsを取得する必要が有ります。これはグーグルアカウントで管理されますので、任意のアカウントでログインしておく事が必要となります。

そしてGoogleMapsAPIsのページにアクセスして右上のキー取得ボタンを押して、好きなプロジェクト名を入力後、利用規約に同意しますと取得したAPIが表示されます。ここで注意しなければならないのがキーの使用制限を設定する事です。

これは初期状態のままですとAPIコードを知られますと、他人が勝手に他のサイトで使用する事が出来てしまうからです。これらの設定後にGoogleマップを表示させる事が出来る様になりますが、地図上にマーカー表示を追加してサイト閲覧時に所在地を判りやすくする事も可能です。

GoogleMapsAPIsは無料で利用出来ますが、一日当たりのリクエスト回数は一定以下で制限されます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です