Skip to content

Google Map API利用の有料化

ブログでお店の場所の紹介や、配達員の現在位置など、インターネット上で地図を使ったサービスを提供したいことがあるかと思います。

そんな時、GoogleMapsを使えば、手軽に地図上での位置を表現できますし、ユーザーもGoogleMapsを利用している人が多いため、自身の地図サービスと連携できて便利でしょう。ブログ上での場所の表示や、開発中のシステムに地図を埋め込む場合は、GoogleMapsAPIを使って行えます。

サービス開始当初は無料で誰でも利用できましたが、2018年6月12日からAPIの利用は有料サービスとなっています。この有料になったサービスはGoogleMapsPlatformと呼ばれます。APIサービスを利用するには、有効なAPIキーとGoogleCloudPlatformの有料ユーザーのアカウントが必要となります。

このサービスは従量課金制となりますが、料金プランはシンプルでわかりやすいので、どのプランで契約するべきか一度ご確認ください。現在、すでにAPIを使ったサイトやサービスを利用中の方は、6月12日以降、地図が利用できなくなっている可能性があるのでご確認ください。

ご注意いただきたいのが、サイト内での全ての地図利用が有料ではなく、”地図を埋め込む”で取得したiframeによる地図埋め込みは、今回の有料への制度変更の対象ではありません。

あくまでAPIを使用している場合のみが影響を受けます。ご自身のサイトやアプリがAPIとiframeのどちらを使用しているのかを確認するcheckerツールもありますので、一度ご確認していただくことをお勧めします。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です