Skip to content

スーパーマーケットのチラシ配布に商圏分析を活用

商圏分析は販売店の売り上げを伸ばすことにつながります。

スーパーマーケットを運営していますが、特売品のチラシ配布を効率化したいと思い、分析ソフトを利用しました。

ソフト自体は無料で使えますし、国の統計資料などを反映しているので正確なデータを得ることができて便利です。顧客はポイントカードを使っているので、その情報も連動させることで、今回は生鮮食品の買い物が多い世帯を中心にポスティングをすることにしました。ターゲット層は世帯数の多い家族で、たまにお店を利用しているお客さんです。商圏分析ソフトでは人数の多い世帯数が集まるエリアを導き出し、その中で来店が少ない地域を選びました。

その地域にチラシを配布したところ、見事に集客数を増やすことができました。このように配布するチラシの内容によってもターゲットは変わってくるので、その度にエリア分析を行えば効率の良いポスティングが可能になります。

その反響率も測定できるので、実際にどれほどチラシによる来客数が増えたのかを確認することができます。商圏分析を活用することで、明らかにポスティングコストは削減できますし、成果も出ています。お店の集客に活用しましたが、他にも利用方法は色々とありそうです。新規の顧客獲得や、リピーターの確保にも使えそうです。あるいは新規のお店を出店する時にも、場所選びに活用できると思います。

そのためには、あらかじめターゲット層を想定しておくことは必要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です