マッサージ店の出店に商圏分析を活用しました

マッサージ店を出店するために、商圏分析を活用しました。

まずターゲットとする客層を40代前後の女性に絞り、そのためのお店作りをプランニングしました。

そこで、その集客を見込める出店エリアを見つけるために、分析ソフトを利用したというわけです。駅に近い立地となるとお店のテナント料が高いので、収益率が低下します。そこで住宅地エリアに絞って出店可能な場所を探すことにしたわけです。商圏分析ソフトに必要な情報を入力すると、すぐに視覚的に該当するエリアが表示されました。その結果を元に空いているテナントを探し、実際に現地に足を運んでお店を決めました。

このように、まずエリアを分析することによって効率良くテナント探しをすることができました。商圏分析は国が発表している国勢調査などのデータを使っているので、信憑性があります。

細かく条件を絞り込むことができますし、世帯人数や年齢、年収などからもエリア分析を行うことが可能です。お店の客層はどんなターゲット属性となるのかを想定することで、このような分析ソフトを活用できるというわけです。

提供する商品やサービスによって、ターゲット層は細かく異なります。どのエリアにそのようなターゲットが多く住んでいるのかを導き出すことができるわけです。そしてその結果をどのように活用するのかも、様々な手段が考えられます。

今回のような店舗出店はもちろんのこと、販促活動やキャンペーンなどにも利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です