商圏分析で売り上げを増やすことができました

飲食店を経営していますが、住宅街にお店があるために集客がうまくできませんでした。

売り上げも低迷する中で、商圏分析を利用してお客さんを増やすことができました。

分析ソフトは無料で使用できたのでコストがかからず、あとはいかに分析するかに工夫するだけでした。まず集客のためのチラシを配布するために、どのエリアに配れば反響を得られるのかを考えました。

そこで商圏分析で単身者が多く住むエリアを特定し、最も人口が多い地域に絞り込んでチラシを何度も配布したわけです。チラシの配布は繰り返し行うことが必要と言われます。これは手に取ってもすぐに捨てられることを前提にしているからです。何度も配ることで、自然とお店の名前などを憶えてもらうことができます。つまりお店のブランディングができるというわけです。その際には、お客さんとなりうるターゲットに向けて配布することが必要になります。

そのためにも商圏分析を使って、想定する属性となるターゲットに向けてチラシ配布を行うというわけです。これが役に立って、来客が増えるようになりました。さらにリピーターも増えてきたので、売り上げも増えるようになったわけです。

このように分析ソフトは単なる分析で終わらせるのではなく、まずは前提となる客層を想定することが必要です。そしてその結果をどのように活用するかが重要と言えます。今回はチラシの配布に利用しましたが、店舗出店の際の立地選びにも活用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です