商圏分析を行って効果的なチラシ配布を

飲食店を経営していますが、リピーターを確保するためのチラシ配布を計画しました。

そこで反響率を高めるために、商圏分析を利用してエリアマーケティングを行いました。

どのエリアにどんな世帯が多く住んでいるのかを分析することで、ターゲットを絞ることができるというわけです。商圏分析ソフトを使うことで、世帯数や年齢層、あるいは年収までも分析できるので便利です。

あとはエリアごとにチラシを配布して、その反響率を調べました。方法は、チラシを持参して来店すれば、一品サービスするというものです。エリアごとにチラシにナンバリングすることで、どのエリアからの来店なのかを特定できます。

そのようにして多く来店するエリアを絞り込むことで、ターゲット層の属性を分析することができました。このように商圏分析を行うことで、お店にはどんなお客さんが多く来店するのかを把握できるようになります。

あとはそのエリアに絞って、定期的にチラシを配れば良いということになります。キャンペーンを告知するなど、継続的に配布することでリピーターを増やすことができます。また姉妹店を出店する際にも、同じソフトを利用しようと考えています。

同じような属性が多いエリアを特定することで、出店場所を選ぶことかできるからです。住宅街であればテナント料も安いですし、周辺からの来店を期待できます。さらにチラシの配布も周辺エリアになるのでコストもかからずに助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です