地図アプリ作成がしやすいGoogle Maps API

地図アプリは、ブラウザ上で表示するタイプとスマートフォン向けのアプリで作るタイプというように大きく分けて二種類が存在しています。

いずれのタイプの地図アプリも作りたいのであれば、一つの技術で作った方が効率的であり、
一からライブラリを作るよりも、既に多くの開発者に使われているライブラリを採用した方がメンテナンスや機能追加が行い易いです。
Google Maps APIは、地図アプリに必要な機能を全て搭載しているAPIであり、
各種プログラミング言語に対応しているのが特徴です。

Google Maps APIの使い方は、プログラミング言語においてライブラリを呼び出す方法で呼び出し、
スクリプト上でインスタンスを作成して、必要なメソッドを使って機能を使っていく事になります。

Google Maps APIのメソッドを使っていく事によって、ルート検索機能を追加したり、
目的の場所を示すアイコンをクリックする事で、その場所に関する情報がポップアップで表示させたりする事が実現出来ます。

世界中の膨大な地図情報を気軽に利用する事ができ、多くの人々が活用する事が可能です。

Google Maps APIには、無料版と有料版が存在します。無料版は、個人ユーザーなど非商業用途でライセンスが与えられていますが、
有料版は法人利用を行えるライセンスが付与されており、より高画質な航空写真やパノラマ写真を使った地図アプリを作成出来るという利点があります。ユーザーの使い途によってライセンスの形態が変わってきますので、個人で使うのか、法人で使うのかを明確にしてライブラリを活用していく事が重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です