GoogleMapsAPIの使い方

GoogleMapsAPIは、GoogleMapを使用して、様々なことを行うことができます。
自分の会社の位置をWeb上に公開する場合も無料で行うことができます。
自分のHPを作成するときに大抵の場合はアクセスというのもつけると思われますので、そのときにはとても便利なツールとなります。
さて、APIの名前を聞いただけではなかなか難しいですが、このGoogleMapsAPIを使うライブラリが存在します。
それがgmaps.jsになります。

このgmaps.jsのメリットは下記のようになっています。
まず、単純にGoogleMapsAPIを使用するよりコードがシンプルになります。
例えば自分の位置を示すのには単純に緯度と経度を設定するだけになりますので、コードを書いたことがないような人でも対応可能かと思われます。
次に様々な高度な機能が簡単に実装できることもメリットとなります。
地図上に線を書いたり、指定座標の画像を取得したり、住所から緯度・経度に勝手に変換してくれる機能など様々な機能が盛り込まれております。

このへんのレベルになりますと、コードを書いたことがない人がそのまま使うのは難しいかもしれませんが、少しでも経験があれば、ソースをコピーして簡単に編集する程度で対応することが可能かと思われます。
さらに、これは常に最新のAPIに対応していますので、APIの仕様が変わってもWeb側の実装を修正する必要がないのもメリットといえるでしょう。