GoogleMapsAPIのプレミアムプランについて

GoogleMapsAPIはWeb、アプリとさまざまなシステムで利用されていますが、特にスマートフォンアプリでの利用が進められてきています。

スマートフォンアプリは無料、有料がありますが、どちらの場合もGooglePlayやアップストアなどで提供されている場合は問題なくGoogleMapsAPIを利用できます。

ただし、一部の機能については利用回数に制限が設けられています。GoogleMapsAPIの標準版はプレミアムプランと比べていくつか注意しなくてはなりません。

その一つが利用回数です。Javascriptで呼び出すことが多いのですが、1日に2万5千回程度の回数に制限されます。

それを超えるとAPIが使えずデータがきません。Javascriptを使わずに地図を呼び出すには制限がありませんが、アプリによって使い方を考える必要があります。もちろん、上限に達しても従量制で課金を続けることもできますが、そこまでアクセスがあるのであればプレミアムプランを契約する方がコスト面で有利になります。

また、プレミアムプランには広告を消せたり、アセットトラッキングが使えます。

また、ジオロケーションなどの一部GoogleMapsAPIに置いては利用回数が標準版に比べて格段に増えるというメリットがあります。また、GPSが使えない場合に場所を特定させるAPIも使えるようになるなどプレミアムプランは有料ではありますが利用する企業が増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です