機能拡張に使えるGoogleMapsAPI

Webサービスは、現代社会においてネットユーザーが便利に使えるものが数多く公開されています。

その為、ネットユーザーに適した機能を提供するオンラインサービスをより拡張していくには、
APIやライブラリを使うのが効果的です。地図を表示する際に、現在地や目的地、所在地などをマーカーで表示すれば、どこに何があるのかが一目で分かり、周辺の状況を知る為にはストリートビューを使うのが便利です。

GoogleMapでは、地図アプリに必要な機能を全て搭載しており、地図をより便利に使えるようにする為に、
既存のアプリケーションにGoogleMapsAPIを埋め込む事が出来るGoogleMapsAPIを使うのが良いです。

GoogleMapsAPIでは、GPSを使った現在地把握を行える機能、目的地から現在地までのルートを表示出来る機能、
ストリートビューと地図を連動出来る機能など様々な機能が数多く搭載されています。

GoogleMapsAPIを活用していくには、そのクラスとメソッドが持つ機能を把握していく事が重要です。その為には、サンプルのソースコードを読んでみたり、リファレンスを読んでみたりしますと、APIに搭載されている機能を理解していく事が出来ます。

Webアプリケーションは、導入するアプリによって機能を大幅に拡張する事ができ、一から作るといった車輪の再発明のような作業をする必要が無くなります。

GoogleMapsAPIは、高機能地図アプリケーションを開発するのに欠かせない機能を数多く提供してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です