Googleマップの活用案件

Googleマップは多くのビジネスで採用されてきていますが、理由は大きく分けて2つあります。

1つは利用料金、2つ目は手軽さです。多くの地図アプリやサービスでは利用料金が発生します。

閲覧は無料でもサービスに利用しようとするとライセンスが発生するのです。
ライセンス料についてはアクセス数や利用者数で決まることが多いのですが、Googleマップの場合はとても安い、多くの場合無料で使えるのが利点です。

Googleマップで費用が掛かる場合はアプリなどでAPIを使っての地図呼び出しの場合は回数ですが、多くのアプリではほぼ課金されることがないほど安いです。また、特殊な地図の使い方やデータを呼び出す際には費用がかかるのですが、こちらについても他社に比べ、数段安くなっています。Googleマップが利用が多い理由として使いやすさもあります。地図データを利用する際、特殊なSDKやAPIを利用するのでは使い方を覚えるだけで時間がかかってしまいます。

しかし、Googleマップで用意されている各種SDKは使いやすいものばかりであり、地図をウェブに張り付けるだけなら、ウェブ上で指定されている箇所をコピーして利用するだけです
。呼び出し方については特別なデータも同様であり、再利用しやすいものばかりです。多くのデータはJavascriptで呼び出せるのでウェブアプリはもとより、IOSなどのスマートフォンからの呼び出しも簡単になっています。GoogleMapsAPIがおすすです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です